2009年4月 3日 « トップへ » 2009年4月 5日

2009年4月 4日

「どこが痛いですか?」とはおききしません

院長あいさつ「何にお困りですか?」
「今の悩みをお聞かせください」
来院された患者さまに対して、私は必ずそう伺います。

私たちが解決したいのは、"痛み"ではなく、"心の問題"だからです。
治療を通じて、患者さまに笑顔になって欲しい。歯を治す、というよりも、患者さまのスマイルを引き出すことに本気でこだわったクリニックです。
例えば、カウンセリングでは、患者さまの"ストーリー"をおききするように心がけています。「ストーリーをおききする」とは、患者さまの悩みの根っこを探ることです。

想像力を働かせながら、あなたの"ストーリー"をお聞きする

院長あいさつ患者さまが今抱えている悩みはもちろん、その悩みは何が原因で、患者さまはどうなりたいのか?を、想像力を働かせながらお聞きします。

また、長年歯科医院に対して蓄積された不安や不満、疑問に気を配りながらカウンセリングを行います。
こんなカウンセリングを行ってから、初めて治療に入ります。確かに、歯科治療ではちょっと大げさかもしれません。
でも、治療終了後、涙を流して喜んでくれる患者さまもいらっしゃいます。
海外から、わざわざ足を運んでいただく患者さまもいらっしゃいます。
治療が終わって何年も経つのに、いまだにお手紙をくださる患者さまもいらっしゃいます。(⇒患者様からいただいたお手紙の一部をご紹介しています

院長あいさつここまで徹底すると、おそらく通常の歯科医院で行う治療よりも、スタッフの時間を多く使うことになります。でも、私たちには時間よりも大切にすべきものがあるのです。

患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。

歯をうまく治せる先生は多い。でも、心の問題まで踏み込む先生は、少ない。
「どこの歯医者に通っても、シックリこない」
「言い出しにくい歯の悩みがある」
など、どんな些細なことでもご相談ください。私たち、ルネス青山デンタルクリニックは、あなたの悩みを解決したいと思っております。

院長について

院長あいさつ院長 小林建(こばやしけん)~1970年生兵庫県出身~

1996年3月神奈川歯科大学歯学部卒業

都内歯科医院にて歯周病、インプラントについて学ぶ
都内矯正歯科医院にて一般歯科院長歴任
一般矯正歯科治療について学ぶ
芦屋市歯科医院にて審美歯科・インプラント治療について研精をつむ

2008年渋谷区神宮前にて「ルネス青山デンタルクリニック」開業

経歴
■2005年
アメリカコロンビア大学インプラント学科にて、インプラント研修
松風デンタルエコーにて「ホワイトニングの現在」執筆
AIAI(ACADEMYOFINTERNATIONALADVANCEDIMPLANTOLOGY:国際インプラント学会)
認定医取得

■2006年
ICOI(INTERNATIONALCONGRESSOFORALIMLPANTLOGISTS:国際口腔インプラント学会)
FELLOW取得
クインテッセンスYEARBOOKにて「CamlogImplantの臨床」共著
厚生労働省臨床研修医指導医取得
ドイツアクセル・キルッシュ先生
アッカーマン先生に「インプラント治療の現在」について研修

院長あいさつ■2007年
EAO(ヨーロッパインプラント学会)参加、インプラント潮流について学ぶ
松風『レジセム』冊子掲載

【所属学会】
日本歯周病学会正会員
AO(AcademyofOsseointegration)activemember
ICOI(国際インプラント学会)
AIAI(ドイツ最大インプラント学会傘下団体)


2009年4月 3日 « トップへ » 2009年4月 5日


コールバック予約