«  2012年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年4月28日


   渋谷ヒカリエ・表参道東急から
   歩いて5分 青山 審美歯科 ルネス青山デンタルクリニック

   こばけん です


   先日、お世話になっている税理士のO先生と話していると
 
   『 私がお世話になっている勉強会 ●和塾での出来事です』


   2時間程の勉強会の後 懇親会があり いろんな方と喋っていたところ
   ケータリングで用意された食べ物に一切手を付けていない方がいらした

   そこで、具合が悪いのですか?

   と尋ねたら

   その女性
    『 いえ。  ここに出ているものが 私の体に合わないのです!
      だから、手を付けていないのです』

    と


    ??

    
    参加しているのは、企業の社長はじめ経営者が多い。

    その女性は、また一言

    『 こんなにいろんな事に意識が高い人の集まりなのに
      誰一人として 大切な食事というものに気を遣っていないなんて 考えられない!』


    と


    『 人間が生きていくための大事な食事にも気を遣うべきではないか? 』


   と言われたようだ。

   O先生も さすがに
    『 歯、はーーーっ 』 とうなったに違いない
    しらんけど。

   これは、何も食べ物だけではない。
   それを食べるところ それは、 『 歯 』

   大事な事は、 歯 が存在している事である
   
   もっと、歯の存在に感謝して
    『 歯、はーーーっ 』  というてほしいい。


    そんな素晴らしい勉強も大事であるが
    歯 は もっと大事である様な気がする。


     『 No teeth , No life !! 』  

   KEN41

    

2012年4月25日

   表参道・青山 
   一般歯科 矯正歯科 審美歯科クリニック 
   ルネス青山デンタルクリニック


   こばけんです

   改め KEN41 にします
   AKB48風で  名前+年齢 な感じにしてみました


  さて
   日本は、これから高齢化がすすみ 更に歯の存在がクローズアップされてくる事は
   間違いありません


   我々も 『 120%の予防治療 』
        『 No teeth , No life !! 』

     をスローガンに掲げ日々診療に取り組んでいます

   先日、60代後半の男性が定期検診にお見えになった時の一コマ

   僕 『 残存歯数と認知症は 、相関性があるのご存知ですか? 』

   患者さん
     『 いや、ぼくもそう思うんですよ
       実は、僕の父が 91歳なんですが 前歯1本以外 全部自分の歯が
      のこってて 何でも食べれますし 健康でピンピンしているんですよ』

     『 だから、 歯が残ってるというのは 大事なことなんですね! 』


   その通りです。

   ある研究で 残存歯数と脳の容積との関係を調べた結果
   歯の数が少ない人ほど 海馬付近と前頭葉の容積が減っている事がわかりました


   大事な事は、自分の歯を少しでも多く残す事です

   
     『 No teeth , No life !! 』


     KEN41       

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。