«  2013年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年3月13日

渋谷 表参道 

ルネス青山デンタルクリニック チーフ歯科衛生士 工藤です。

昨日 後楽園駅ビル内にある文京ホールにて 

          『力のコントロール「態癖」への取り組み』


     の勉強会へ行ってきました。

   「態癖」?

   中々聞きなれない言葉だと思います
   歯科医療の中でも 最近特に言われてきたことの一つです


   ただ、以前からもこの言葉は存在していましたが、 矯正治療・インプラント治療といった
   時代の流れにより 段々と消えていった言葉の一つです


   以前のブログ記事の中でも
   歯を長期的に守っていくには

   ①炎症のコントロール(自分と歯科医院でコントロールする汚れ・プラーク)
   ②力のコントロール  (歯ぎしり・くいしばり)

   だという事をお伝えしました


   コントロールできる因子のなかには

    上記以外に  口腔周囲筋肉のアンバランス、態癖(たいへき)・姿勢 等が挙げられます

   中でも 『 態癖 』 は、 歯を守るために 重要な問題です
   態癖に対するアプローチを行う事は、 歯を長期的に維持していくうえで
   態変重要であることが 分かっています


    では、 一体 『 態癖 』 って どういうことでしょうか?

   日常生活の中で無意識に行うさまざまな習慣で
   その些細な習慣が長期に及ぶことにより 歯を移動させ 顔や顎さらに全身において
   大きな影響を及ぼすこと


  具体的に言えば
  皆さんも経験がある 
  ①頬杖 
  ②足を組む 
  ③横向き寝 うつ伏せ寝 
  ④口唇癖 

  といったこと  これらが体の歪みを引き起こす 「態癖」です
  ですが、ほんの一部です

 

   どのように 体や口腔内に影響を及ぼすのか・・・

   上記に書いた態癖のほとんどが 片側のみにアンバランスな力が入っている
   そのような習慣が続くと 顔や全身の左右非対称として現れ
   結果 口腔内や全身がかばい合い 歪みとして症状があらわれてくるそうです。

   そんな小さな積み重ねだけで 『本当に 歯が動くの?』 『体が 歪むの?』
   と思っているあなた!

   イチローも小さな積み重ねで 10年連続 200本安打達成したように(笑)
   小さなことの積み重ねが 大きな結果として 自分に跳ね返ってくるのです


   今から出来ること

  ①頬杖をしない
  ②足を組まない
  ③横向き寝 うつ伏せ寝 で寝ない
  ④口唇癖 (口をすぼめたり、えくぼを強調しない、 くちびるを噛みしめない
          くちびるを引き締めない・・・)
  ⑤バッグを片側だけに掛けない
  ⑥無理な姿勢を長時間続けない
  ・・・・・・・

   一度 ご自分の  『 態癖 』 見直してみませんか?
   態癖は、ご自分でコントロールできるものです

  私達 衛生士の役割

   患者さんに 態癖について理解してもらう
   態癖を見つけて、患者さんの自覚を促す
   態癖を指導し 

    快適で豊かな人生をお送り頂く サポートする事

    ルネス青山デンタルクリニックでは、積極的に 『 態癖 』 改善に向けて取り組んでいます

    

« 2013年1月 | メイン | 2013年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。