«  2013年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年9月19日

   
    ここ最近世間を賑わせている 例のホスト。
    執念の捜査で 汚水槽からの インプラント発見により・・・


    インプラントって、なんか 悪い記事や報道で脚光浴びてる感じがします


    きちんとした診断・治療計画・ 計画された埋入 等  さらに
    インプラントセット後のメインテナンスをしっかりと行えば 長きにわたって
    機能するものなのに・・。

    さて、アラインテクノロジージャパン株式会社が行った調査によると
    成人後に矯正治療をうけた人300人に対して意識調査を行ったところ
   
    『 7割 』 以上の人が 『 もっと早くに治療した方がよかった』 と回答した
    という報告がありました


    当医院においても、 歯並びを主訴に来院される方の割合が増えています
    特に30代~の女性がその傾向にあるようです

    世の中には クイック矯正? なるのものが存在する様ですが
    あれは単純に 抜いて 被せているものが多い!


    短期的な審美を獲得するか?
    中・長期的な審美と機能を重要視するか?   

    もちろんそれは、考え方である

    当医院では、中長期的な審美と機能を重要視した矯正治療をお勧めし
    実践している

    invisalign インビザラインという 透明のマウスピース矯正。

    採得した資料からPC上で治療計画をたて 矯正スタートから終わりまでの
    マウスピースを作成する。

    計画に基づいて、歯にアタッチメントを装着し(ぽっち) 
    マウスピースを2週間に一度交換する事で 歯を移動するものである


    日々性能が向上し アライナー(マウスピース)も以前よりもより高い弾性を持ち
    より持続的にフォース(力)を2週間のアライナー装着を通して発揮するようになっている


    歯を動かす(ルートコントロール)アタッチメントも 適応範囲が拡大され
    より無理なく快適に歯を動かすことが可能になった


    歯を矯正する事は、審美的回復のみならば 全身の健康に繋がることは
    ゆるぎない事実だ


    しっかりとした噛み合わせが あなたの将来を豊かなものにする


先だってご招待を受けた結婚式で 乾杯の音頭をとった

   『 えーー、 ただ今御紹介頂きました 新郎・新婦 の ココロの矯正 以外を 担当した
     ルネス青山デンタルクリニック 小林でございます! 』


   といったが  近い将来 歯の矯正とココロの矯正は 近いものになるはずだ


     こばけん   

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。