«  2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« インビザラインの勉強会を行いました 審美歯科・精密治療は渋谷表参道のルネス青山デンタルへ | メイン | 歯科材料の勉強会について 審美歯科・精密治療は渋谷表参道のルネス青山デンタルへ »

2017年10月12日


皆様こんにちは。
季節もすっかり秋めいて参りましたね。

今回は受付Aが担当いたします。

先日、漢方の勉強会を開催いたしました。
講師は当院の患者様です。

「漢方と歯科ってどういう繋がりがあるんだろう...?」と思っていましたが
勉強会を経て、「予防」というキーワードで繋がりを発見できました。

最近「予防歯科」というワードをCMなどでよく耳にすると思いますが、
日本は「予防」のために歯科医院に定期的に通っている割合が先進国の中でも
ダントツで低いと言われています。
口腔内環境をよくすると体全体の健康につながると考えられているため、
特に「予防」は大事とされています。

一方、漢方では生薬の組み合わせで体調を全体的に良くしていくという
「ケア」の考え方が強いそうです。
勉強会で実際に漢方を飲んでみたのですが、
おいしいと感じるものと苦いと感じるものがありました。
自分の体が欲している成分が入っている場合、おいしいと感じるそうです。

漢方の効果は体調を全体的に良くしていくというものですが、
歯ぎしりに効くものもあるそうです。
そのため、最近歯科医院でも漢方を服用させているところが増えてきているみたいで
スタッフ一同興味津々でした。

そして改めて、「予防」の大切さを知りました。
最近歯の定期検診に行っていないな...という方、ぜひ当院へお越しください。

スタッフ一同、皆様のご来院を心よりお待ち申し上げます。


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。