トップへ » 初めての方へ » 審美歯科 » オールセラミッククラウン、メタルボンドクラウン

オールセラミッククラウン、メタルボンドクラウン

治療で歯にかぶせるものを"クラウン"と呼びます。

保険治療では、金属にプラスチックの歯を貼り付けた方法が一般的です。
しかし、プラスチックは色が限定されていること、そして時間が経つと変色してくるなど、欠点もあります。

プラスチックによる色の問題を解決するために、陶材焼付け冠(メタルボンド)や、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。

いずれもセラミック(瀬戸物)を利用しているため、時間が経っても色がくすむことはありません。
また、弾性率も天然の歯に近いため、快適な噛み心地があります。

■メタルボンドクラウンメタルボンドクラウン
オールセラミックがすべてセラミックでできているのに対し、メタルボンドは金属の骨格の上にセラミックを焼き付けた人工歯です。オールセラミックに比べ、壊れにくいのが特徴です。

しかし、時間が経つと金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の光沢が出ないこともあります。

■オールセラミッククラウンオールセラミッククラウン
オールセラミックは、文字通りすべてセラミックの素材でできています。

自然な光を透過する優れた審美性があり、他の歯を傷つけません。強さと、しなやかさを兼ね備えた理想的な材料です。
また、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方も安心してご利用できるという利点もあります。

他にもゴールド(金)を用いたクラウンや、最新素材であるジルコニアを用いたクラウンもございます。

■ラミネートベニア
「歯の色が気になる」「前歯に隙間があって気になる」「前歯の形をもう少しバランスよくしたい」「少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ」......

そんな悩みを抱えた方にピッタリの治療法が、ラミネートベニア法です。
ラミネートベニア法は、いわば「付け爪」です。薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。

もちろん、歯へのダメージは最小限。仕上がりもごく自然です。
ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどないのがメリットです。

・ラミネートべニアの治療例
ラミネートべニアの治療例01


※以上の治療方法は自費治療となります。


トップへ » 初めての方へ » 審美歯科 » オールセラミッククラウン、メタルボンドクラウン


コールバック予約