«  2013年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年10月 8日

   

   先だってテレビで 外国人のカラオケ大会を放映していました

   その中で一番気になる事が やはり " 歯 " でした
   国は違えど、殆どの外国人の歯並びが キレイ! 

   色も白い!
   もちろん中には 口を大きく開けて歌っている時に 金属の詰め物があった人も
   いました  が・・。

   それに比べ日本人の 歯並び等は ちょっと 問題があります
   もっと関心を持ってもらえるように 情報提供しなければと思う この頃です

   ルネッサンス から 医院名を ルネス 青山 デンタルクリニックとした
   こばけん です

   本日のお題

    『  歯 を リノベーションする! 』


    ALL Aboutによると(抜粋)
     リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、
     用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。

     建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、
     時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させること。

    具体的には、耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させる、冷暖房費などの
    エネルギー節約のため、IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われる。
    外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、
    冷暖房換気設備の更新などをいうようです。

 

    今 流行りの リノベーション
    歯科診療にたとえてみると おもしろい


   例えば、築数十年たった古いマンションはリノベーションしますよね。
   時代のニーズにマッチした最新の工法や技術で住み心地を良くなるよう変えていく
   歯科治療も同じ事のように感じる

   永久歯が生えてから 何十年と歯を使って人は生活をしている
   人間も40年50年と歳を重ねると、いろんな所に問題点、修繕箇所が見つかってくる

   つまり口腔内のリノベーションが必要になってくる
   外見をかえると言うのではなく 口腔内を新しく変えていくという事

   以前治療した金属を除去し 最新の歯科用顕微鏡で 拡大して  最新のセラミックに交換し   最新の接着剤で付ける

   結果、 以前にもまして 健康になり 歯を長持ちさせることが出来る

   顕微鏡治療(歯周病治療・根管治療・虫歯治療)
   インプラント治療
   CAD・CAMによる(セレック等)

   これらは、現在の最新ツールや技術である

   僕たちが考える 歯科治療は これらのツールや技術を使って 現在可能な最善と
   考えられる方法で 歯を 口腔内を リノベーションして

   さらに 体の健康を共に考え ともに育て(共育)  より健康を維持増進して
   健康で死ねるように サポートする

   
    家のリノベーションも同様に その後長く 快適に過ごして頂く事が重要になる
   一過性のものでは いけない

   審美治療も同様に 一時の綺麗さだけを追求するのは 危険である
   長い目で見て 機能的にも審美的にも 維持していくことが必要である


   これからは、 『 歯 の リノベーション 』 お願いします! という患者さんが
   増える事を願うばかりである


   僕も 体を リノベーションして  新たな自分を見つけたい!


      

« 2013年9月 | メイン | 2014年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。