«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯っとして グッ!    ~オールセラミック・インプラント治療は 表参道ルネス青山 デンタルクリニック~ | メイン | 個人個人に適した歯磨きの方法があります!~歯のクリーニング・予防・審美治療は渋谷区・港区ルネス青山デンタルクリニックへ~ »

2014年3月12日


   先月ディズ二―の接遇講習(歯科医療従事者対象)を受けて参りました
   受付の布施です。

   さて、まず始めに質問です。
   皆さん、ディズ二―ランドへは行った事ありますか?


   きっと大半の方が行った経験があるのではないでしょうか。
   私もその中の一人です。

   ではディズニーへ行った時何を感じましたか?
   私はまさに夢の国だと感じます。
   嫌な事もその時ばかりは忘れています。

  では、 本題に移ります。
  歯科医療従事者に対する講習会は
  終始ショーを見ているかの様にトキメキのある講習会でした。

  話の進め方や講習会場そのものに『拘り』や、私達を『おもてなそう』という気持ちが
  たくさん詰め込まれている事を感じたからです。

  私達歯科医療従事者として 患者さんに出来る事はなんであろうか?
  どこかルネス青山 デンタルクリニックに・ルネス青山デンタルクリニックのお越しの患者さん
  、歯科業界の皆さんに応用できる部分があるのではないかを考えました

  拘りやおもてなしを感じて、少し嬉しい気持ちになる事は
  ディズニーに限らず
  クリニックでも感じて頂ける瞬間はたくさんあると思うのです。

  例えば、歯がとてもキレイになった患者様と一緒に喜んだり、
  初めてで緊張されている患者様に明るくお声掛けをしたりと、

  ディズニーに比べ歯科は痛い事をするところというイメージがありますので、
  歯科受付として出来る事は、安らぎや安心につながる行動や立ち振る舞いができる事
  だと思います。
  


  とにかく、温かくて、ホッとして頂けるようなクリニック作りを
   していきたいと目標ができた講習会でした。

   定期検診がまだな方、治療途中の方歯科クリニックを
   お探しの方是非ホッとしにいらして下さいね!!

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。