«  2014年6月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年6月25日

梅雨らしくない梅雨まっただ中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回は畑下が口腔癌についてお話します。

口内炎がなかなか治らない。
口内炎がどんどん大きくなる。
そんな口内炎に悩んでる方はいらっしゃいませんか?
口内炎ができたとき約45%の方は内科に行くというデータがあります。
しかし、口内炎に悩んだらまずは歯科を受診してください。

突然ですが、みなさんは口腔癌についてどれくらいご存じでしょうか?
口腔癌は注目はされていませんがサイレントキラーと呼ばれるほど怖い病気です。
自覚症状が乏しく、発見されるころには進行している事が多いです。
年間約1万3千人が新規で患い、毎年約7000人が口腔癌で亡くなっています。
口腔癌を患うと多くの場合は顔の一部や舌を切除します。
顔貌が変化や、食事の不便さを考えると口腔癌は最もQOLが下がる癌のうちの一つではないかと私は思っています。
また、癌と診断されてから1年以内に自殺する人の割合は健康で自殺する人の割合の20倍とも言われています。

口腔癌は発見が早ければ早いほど切除する範囲は小さくなり、日常生活への支障も小さくなります。
そこで当クリニックでは口腔癌検診を始めることにしました。
アメリカでは口腔癌検診を1997年から行い5年後には口腔癌で亡くなる人が1200人近く減ったというデータがあります。
日本でも口腔癌検診を積極的に行い口腔癌で亡くなる方を少しでも減らすことが私たち歯科医の今後の課題だと考えております。

口腔癌の症状は多様です。
口内炎だと思って放置してしまった...
入れ歯が合ってないないだけだと思ってた...
食いしばりの痕がついてるだけだと思ってた...
これはすべて口腔癌になった方の自覚症状です。

小さなことと考えずにまずは専門家に相談してください。

当クリニックでは口腔癌検診を行っています。
是非、ご相談ください。


« 2014年6月24日 | メイン | 2014年6月28日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。