«  2014年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年6月28日

皆様、初めまして!
先月からルネス青山デンタルクリニックに仲間入り致しました、助手の松土です。

未経験で歯科業界に飛び込ませて頂き、1ヶ月余り。。。未だに初めて聞く用語も多く、勉強の毎日です。すごい業界に飛び込んでしまったなぁと。よく思います(笑)

何故、未経験で歯科助手をやりたいと思ったかというと...。それは自身の経験からでした。

私は元々、自分の歯にコンプレックスを抱えていました。人前で笑ったりして歯が見えるのが嫌で、笑う時は口元を手で隠してしまうような子供でした。
しかし、大人になってからマウスピース矯正(インビザライン)というものがある事を知り、歯を治していった結果、だんだんコンプレックスも無くなっていき、自然と笑顔も増えていったのです!
口元を手で隠してしまう癖も無くなりました。

歯の治療を通じて、心の蟠りが取れた気分でした。

そして、何故、数多くある歯科医院の中でルネス青山デンタルクリニックを選んだか。
それは院長の言葉にありました。

「患者様の"患"の字は串に心と書く。患者様の"こころ"の串をお取りすること、それが私たちの治療ポリシーです」

...私は感銘を受け、こんな先生の元で一生懸命に頑張りたい!と思い、ルネス青山デンタルクリニックの門を叩いたのでした。

働き始めてからも、その言葉に疑問を持った事は一度もありません。
寧ろ、感心させられる事ばかりです。
そして遠方から来られる患者様の多さには本当に驚きました。数多くの歯科医院がある中、何時間もかけて治療しに来られる患者様が沢山いらっしゃるという事。これは信用していただいていなきゃ出来ない事だなぁ...。と思い、当院のレベルの高さを感じました。

私も、そんな医院の一員として恥ずかしくない働きが出来るよう、日々努力していきたいと思います。

...意気込みが長くなりました(笑)

ルネス青山デンタルクリニックで働き始めて、驚く事はほかにも沢山ありました。
顕微鏡下での治療から、インプラント、根幹治療やクラウンレングス、e-max、ジルコニア...挙げたらキリがありません。
自分が患者として歯科医院に来ている時は想像もしていなかったような治療ばかりで、毎日が凄く刺激的に感じています。

そんな刺激的な毎日で、最近心動かされた出来事を、最後に紹介したいと思います。

ある患者様のお話です。

その患者様はいわゆる「歯医者嫌い」で、約20年ほど歯科医院に行っていない、との事でした。
私自身も、痛くなったり、目に見えて虫歯だと分からないと歯科医院に行かない時期があったので、気持ちは分からなくないなと思いつつ、20年という歳月には驚きました。

患者様が初めて当院にいらした時...「怖い」という思いからか、緊張しているのが一目で分かるほどで、こちらにもその緊張が伝わってきました。

そしていざ、治療。
その日は残根(虫歯で歯冠部分が無くなってしまい、歯根しか残っていない状態)のExt(抜歯)だったので、まずは麻酔から入ったのですが、麻酔が打ち終わり、一度椅子を起こしたところ、

「もう麻酔終わったんですか?全然痛くないですね!凄い!!」

と、満面の笑みで...。
私は自分の顔が綻んでいる事に気が付きました。

Extは無事に終わり、消毒している際も凄く明るく話しかけて頂き、患者様は笑顔で当院を後にしたのでした。

その患者様は現在も当院に通って下さっています。
もし、最初の治療で怖い思いや嫌な思いをさせてしまっていたら...。恐らく二度と当院に来て下さらないどころか、歯科医院自体がこれまで以上に嫌いになり、一生ものの歯を台無しにしてしまっていたかも知れません。
そうならずに済み、しっかりと通って下さっている事に凄く安心致しました。
そして今では最初ほどの緊張も無く、笑顔で挨拶して下さるようになりました!凄く嬉しかったです。

医院長の言う、「患者様の心の串をお取りすること」。その瞬間を早くも見させて頂いた出来事でした。

皆様も歯の事でお悩みの事がありましたら、是非ルネス青山デンタルクリニックへお越しください。
きっと「心の串」が取れると思います。

以上、松土でした。これから宜しくお願いします(^^)

2014年6月25日

梅雨らしくない梅雨まっただ中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回は畑下が口腔癌についてお話します。

口内炎がなかなか治らない。
口内炎がどんどん大きくなる。
そんな口内炎に悩んでる方はいらっしゃいませんか?
口内炎ができたとき約45%の方は内科に行くというデータがあります。
しかし、口内炎に悩んだらまずは歯科を受診してください。

突然ですが、みなさんは口腔癌についてどれくらいご存じでしょうか?
口腔癌は注目はされていませんがサイレントキラーと呼ばれるほど怖い病気です。
自覚症状が乏しく、発見されるころには進行している事が多いです。
年間約1万3千人が新規で患い、毎年約7000人が口腔癌で亡くなっています。
口腔癌を患うと多くの場合は顔の一部や舌を切除します。
顔貌が変化や、食事の不便さを考えると口腔癌は最もQOLが下がる癌のうちの一つではないかと私は思っています。
また、癌と診断されてから1年以内に自殺する人の割合は健康で自殺する人の割合の20倍とも言われています。

口腔癌は発見が早ければ早いほど切除する範囲は小さくなり、日常生活への支障も小さくなります。
そこで当クリニックでは口腔癌検診を始めることにしました。
アメリカでは口腔癌検診を1997年から行い5年後には口腔癌で亡くなる人が1200人近く減ったというデータがあります。
日本でも口腔癌検診を積極的に行い口腔癌で亡くなる方を少しでも減らすことが私たち歯科医の今後の課題だと考えております。

口腔癌の症状は多様です。
口内炎だと思って放置してしまった...
入れ歯が合ってないないだけだと思ってた...
食いしばりの痕がついてるだけだと思ってた...
これはすべて口腔癌になった方の自覚症状です。

小さなことと考えずにまずは専門家に相談してください。

当クリニックでは口腔癌検診を行っています。
是非、ご相談ください。


2014年6月24日

本格的に梅雨の時期になりましたがいかがお過ごしでしょうか?

渋谷区 ルネス青山デンタルクリニック 歯科衛生士 工藤です

最近では 外国人の患者様が増え会話に苦戦しつつも 診療しております


ある記事の中に 外国人が日本人のイメージとして
                「日本人は口が臭い」
と思われているそうです。。。

我々からすると外国人は体臭が・・・と同じことだと


そんな思いを払拭したいですね!!


日本人の口腔内は金属が多いこと 外国人からしたら自分の口の中に金属が入ることは
考えられない事 海外で仕事をされている患者様が自身の口腔内を見られ指摘されたそうです。
又、海外では就職する際は口腔内も診査の一つだそうです

恐らく海外の方から見た日本人は金属が入った口腔内で歯科に対する意識が低い
と思われているのではないでしょうか?
なので 「日本人は口が臭い」イメージが付いてしまっていると・・・


ただ単に白い被せ物(セラミック)が審美的に良いから詰め治す
のではなく汚れのつき方 歯に対する強度 歯との段差などが変わってきます

汚れが付きにくくなることは・・・口腔内の細菌が減り 清潔に保たれる=口臭が減る
歯を出して笑える 顔の表情が明るくなる 
沢山メリットが出てきます

先進国である日本。もう少し口腔内の意識を高めていけたらいいなと思います。
ルネス青山 デンタルクリニックでは、金属アレルギーの問題、金属の傷つきやすさ
等を改善し、口腔内から健康を維持・増進していただくお手伝いをさせて頂いております


以前にも書きましたが 新しいクリーニング(トリートメントケア)
 も進めておりますので 是非一度 新しいケアを体験してみませんか?

新しいトリートメントケアが、あなたの 未来をより良いものに変えるかもしれません。

歯科医療は、源流、いわゆる 上流の医療です。
まずは、お口の中を しっかりと治療し メインテナンスしていくことが必要です

 洋服も、メイクも大事ですが、
 歯を着飾ってみませんか!


    

4月から当クリニックの一員となりました歯科医師の畑下です。

今回は私の思う歯科医の役割についてお話したいと思います。
私が歯科医になったきっかけは近所の歯科医である友達のおばあちゃまに憧れてでした。
何もしなくてもズキズキとものすごく歯が痛んだ私はおばあちゃまの歯医者にいきました。
その日のうちに痛みがひいて当時の私は魔法だと感じました。
このことが私が初めて体験した虫歯の痛みと歯科医とゆう職業でした。

実際に歯科医として働く前は歯科医の仕事は虫歯を治す事だと思ってましたが今は患者さまを笑顔にできる仕事だとも思ってます。
患者様の前歯の虫歯など治療が終わり鏡をみて笑顔になっていただけた瞬間が私は歯科医になって良かったと思う瞬間です。

今後も皆様の笑顔をより素敵に見せるお手伝いがしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

ここで皆様、鏡を持って思い切り笑ってみてください。
笑ったときに歯茎がですぎてませんか?
笑ったときに歯茎が多く見える顔をガミーフェイスと言います。
または、ガミースマイルと言います

ガミーフェイスは改善できます。諦めていた方いらっしゃいませんか?
ルネス青山では、そんなお悩みにも お答えできる技術があります


笑顔にお悩みの点があればお聞かせください。
全力で改善策を考えます。

それでは皆様にお目にかかれる日を楽しみにしております。

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
ルネス青山デンタルクリニック 院長 小林健

ルネス青山デンタルクリニック
http://www.renaissadc.com/ 【プロフィール】
院長 小林建

1970年生まれ 兵庫県出身

1996年3月神奈川歯科大学歯学部を卒業。
芦屋の歯科医院で勤務したのち、2008年渋谷区神宮前に「ルネス青山デンタルクリニック」開業。

【治療ポリシー】
患者さまの"患"の字は、「串に心」と書きます。
患者さまの"こころ"の串をおとりすること、それが私たちの治療ポリシーです。